GOD系を打ってみる。

ホッパーエラーってね、好きなんですよ。してやった感あって。

引きが悪いときは、GODを打てば良い。

これがN師匠に教えられたバイオリズム激悪時の最適な選択なのだと教えられてからというもの、GODシリーズへの抵抗感は一気に薄れました。

突っ込めば出てくる貯金箱、きっとそういうものだとなんだと今は理解してます。

さて、GODと言えば凱旋以外にもございます。元祖は4号機だそうですが、現行機でいくと主に4種のようですね。

さまざまなゴッド。

ハーデス、凱旋、ポセイドン、ゆるせぽねの4種。ポセイドンは師匠たちの評価がかなりアレだったので、ハーデスゆるせぽねを探します。


アナザーゴッド、ハーデス。

正しくは「アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐」 凱旋よりも辛いと聞きます。凱旋のあとなのかと思ったら登場は凱旋の前っぽいですね。

こちらはマイホの5スロ島にあるので、そこで打ちます。

683Gからのスタートです。とりあえず通常打ちは凱旋とほぼ同じですね。淡々と打ち続けて850GでHELL ZONEに突入です。

1揃いでケルベロスラッシュに突入。なるほど、これがあれか。犬って言われてるやつか。平均上乗せ75Gだそうです。まあ確かに寒いですね…

はい、終了。

総獲得213枚….まあマイナスですね。1.5Kぐらいの投資でしたが、まあ一応出玉で-0.5Kぐらいには。せっかくなので回しきりましたが。まあ溶けましたorz

ここで犬ではなく、ペルセポネなりハーデスを引けると良いのでしょうな。一番良いのはGOD。まあちょっとまたバイオリズム切れたときにぶっ込んで打ってみたいと思います。普段打とうとはちょいと思わん。

そのうち良さが分かるのかも知れない。今のところ凱旋の方が好き。


唯一の液晶無し。ゆるせぽね。

某スロット大好きフレンズから一度打ってミソと勧められたゆるせぽね

そもそも凱旋でGOD引いただけでは元ネタのペルセポネの存在すら認識できんわけですが、一応ハーデスを軽く打つに当たっての予習でなんなのかは一応理解。そんなペルセポネがおもっくそゆるキャラになってるわけですが、あの見るからに玄人向けに作ってそうなゴッドシリーズに反して非常にゆるくフレンドリーな外見になってるのは良いですね。

とはいえセルフパロディ作品。事前にハーデスと凱旋を履修しといてよかったなーと思うのは液晶無しながらも元々のGODシリーズの要素がちゃんと取り込まれてる点ですね。あの数字が凍ったりする奴が右側のランプになってたり、数字並びが7セグで表現されてたりとGODのゲーム性を液晶無しに落とし込んでいてるのは、オリジナルを知らないと逆に分からんよなこれ、と。

当たり自体は実際軽く、41Gからのスタートで120Gぐらいには「狙って!」ランプで紫7からのペルセポネ7揃いに変わる演出に。

液晶無し機ですが、ドラムで演出してくれるのは楽しいですね。あんまりこういうの目の当たりにしたことないのでちょっと楽しくなります。
投入は1K、ほぼほぼギリギリで引いたBBで最終的な計測枚数は223枚。まあトントンに取り返した…感じデスね。すこし貯玉できました。

ハーデスもそうですがこちらでもGODは引けず。ゆるせぽねの良い点はGODの確率が1/1638.4と大分低くなってる事ですね。GOD引くと700GのRTで途中でボーナス入ってもRT消えないとか。素敵。

バイオリズム死んでるかなーってときに、
まずここから打つのも良いかもしれない。

例えば

1.「ぁー何打っても死ぬわ今日。」
2.「いったんゆるせぽ打って確認しよう」
3.「ぁーちょっと調子良いな。これは凱旋行った方が良いかもしれない」

と非常に合理的な方法で凱旋を打つべきか判定出来る訳です。

良いですね。今後この手を使っていこうと思います。


にほんブログ村 パチンコブログへ パチンコランキング パチンコランキング
気が向いたらで良いんです。クリックですクリック。